« 接ぎ木用台木の準備 | トップページ | 研究会の学習会 »

2013年3月12日 (火)

例会に参加してきました

午後 ソムリエ協会の例会に参加してきました。

”プロフェッショナルのためのテイスティングの基本”

講師は石田 博氏

ソムリエの雑誌でいつも見かける方ですが、

生で見るとほんと”いい男”ですね。

この前の、森さんもいい男だったけど、ソムリエはいい男

多いですね。

1303121


この写真じゃわからないかな?

 

テイスティングしたワインは5種類です。

①Chai de Bordes Blanc 2011

セミヨン60% ソーヴィニオン40%

②Bourgogne Blanc 2010

シャルドネ

③Cotes du Rhone Rouge 2009

グルナッシュ シラー

④Chai de Bordes Rouge 2009

メルロ80% カベルネ20%

⑤Tavel 2008

グルナッシュ50 サンソー30 クレネット10 シラー5

 

1303122

外観はこんな感じ

とにかく、勉強になりました。

1.自分の能力を知り、経験を積みさらに自分の能力を磨く

2.ワインのヴァリエーションを知る

3.ワインの欠点を探すのではなく、個性、特性を知る

4.ワインを分析し、記憶する

5.感覚を言葉で表現することを身につける

これがテイスティングの目的です。

 

私が参考になるなと思ったことです。

ワインの外観で濃淡を判断し、ぶどうの成熟度を見る

舌の位置(甘み、酸味、苦味)を変えてのテイスティング

赤ワインの場合、ぶどうのサイズ(大粒か小粒か)を知る

果皮、種、ジュースとの比率が変わるから味も変わる

 

5種類の中で特に⑤のロゼワインが余韻が長く

すごく良かった。

ロゼワイン 恐るべし

1303123


Tavel 2008 (E..Guigal) お勧めです。

 

 

 

上信越では、塩尻ワインフォーラムもお勧めしてました。

1303124


 

いかがですか。

 

 

 

 

 

 


|

« 接ぎ木用台木の準備 | トップページ | 研究会の学習会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 例会に参加してきました:

« 接ぎ木用台木の準備 | トップページ | 研究会の学習会 »